こんにちは,,歓迎上陸カブン・中国!

>
教育&発展
ページビュー数:

使命:
  勉強意識を推進し、個人、チーム及び組織の業績を高めます。

社員の教育:

一、学歴
  就職する前に高等教育を受けて、社員個人の発展だけではなく、会社の繁栄とも深い繋がりがあります。   伝授は至難。人の才能を極め、人を滞らせない。——宋・張戴『語録抄』
  人を育てることは至難ですから、人の才能を極めなければなりません。そうすると、人材を無駄にしなくて、人の将来を滞らせません。
二、仕事能力の教育
  仕事が成功できるのは、この領域の知識をよく分かることだけではだめですから、高いレベルの社交能力及び仕事のやり方に対しての運用能力を持たなければなりません。実施する教育は「職業技能」というものを教育できて、それと同時に社員の個人能力も発展できるはずです。
  社員を教育する時、「職業技能」というのは特定の仕事の要求に応じて知識や技能を提供するものです。「職業技能」以外には社員の個人能力に対して各教育を実施する必要があります。社員はどうやって問題点を分析し解決するのか、仕事の効率をどの方法で高めるのかが勉強できます。
三、管理能力の教育
  社員の潜在能力を検討し、社員の潜在能力により教育計画を作成します。

指導原則——
  すべての管理能力は最適効果が取得できる前提や保証だということを信じております。われわれの管理者は明確的、感化力がある目標を設置しております。自分を超えて、そうしないと他人は自分を超えてしまいました。社員を信じてる上で、社員たちは問題が出たら自分で解決することを進めています。われわれは変革を導いてます。
  能力(推進力、影響力、専心力、管理力)や結果(財務、社員、顧客、流れ)の両方から経理レベルの管理者を評価し、社員はいい結果及び業績ができることを望んでいます。評価によって、社員と交流しながら、達成してほしい目標を教えます。そして社員を勇む将来を建って同一の計画を作成してから、社員の行動を導いて、振り替えること、評価することそして賞罰を実施します。会社は管理教育、技術教育、仕事転勤等の方法で社員を育て来ます。

管理能力の教育流れ:
  -人を勇む将来を建つ
  -同一の計画を作成する
  -行動を導く
  -振り替えること、評価することそして賞罰を実施する。